1期目4年間の歩み 16回連載の1回目 「初議会から直球勝負」

目次

『初議会から直球勝負』

1期目4年間の歩み・16回連載の1回目

☆ 活動レポート1号もご覧ください

2度目の奈良市議会議員選挙挑戦で初当選させていただきました。

市議会議員を目指した目的は、今の時代に合った「ふれあい支えあい」を地域社会に根づかせるためです。

議員になる前に、一般企業で16年、福祉の現場で17年、33年間の社会人経験があります。今も活動を続けている「まちづくり歴」は22年になります。

活動内容を行政の政策に照らすと「高齢者福祉や障がい者福祉、生活困窮者支援を含む、地域福祉の推進」「地域防災の推進」「子育て支援の充実」が主な柱になっています。

「ふれあい支えあい」の地域社会を実現するためには、関係する政策の効果が、十分に発揮されるよう工夫する必要があります。

初めて臨んだ9月議会一般質問では、一問一答で福祉部長に質問しました。取り上げたテーマは「奈良市第3次地域福祉計画の実現」です。

決算審査等特別委員会では「大規模災害への備え」「学校図書館の充実」「障害者優先調達の啓発・推進」について質疑を行いました。

初議会から直球勝負で挑みました!!

【2回目につづく】

  • URL Copied!
目次
閉じる