1期目4年間の歩み 16回連載の6回目 「困った時、誰に相談しますか?」

目次

『困った時、誰に相談しますか?』

1期目4年間の歩み・16回連載の6回目

☆ 活動レポート6号もご覧ください

私は社会福祉士として、21年あまり、医療・福祉の現場や地域社会で様々な相談援助に携わってきました。

その経験から、自分ひとりで抱え込まず、ふさわしい窓口に相談することで、困りごとの解決の可能性が広がると考えています。

私は、むつかしい状況のときだけでなく、馴染みのうすい分野における困りごとなどは、解決の道筋を知るために、早い段階から、専門の相談窓口を利用します。そんな窓口が行政にもあります。ただ、必要な方に情報が届いていない状況があると感じています。

活動レポート6号では、当時、新たにスタートした3つの専門相談センターを特集しました。それから2年あまりが経ちます。今後も、それぞれのセンターが設置した目的のとおり、機能するよう働きかけていきたいと思います。

【7回目につづく】

  • URL Copied!
目次
閉じる