1期目4年間の歩み 16回連載の最終回「次への思い」

目次

「次への思い」

1期目4年間の歩み・16回連載の最終回

☆ 活動レポート16号もご覧ください

2度目の挑戦で58歳にして初当選。ゆえに、私にはそれほど時間がありません。少しでも早く、自分のスタイルを確立して「ふれあい支えあいのまちづくり」につながる政策を推進するため、初登庁の日から全力で活動してきました。

4年間で16回開かれた定例会においては、3回の会派代表質問と13回の一般質問を行いました。15回の常任委員会も、全てにおいて質疑を行いました。それ以外の予算決算委員会などを合わせると、質問・質疑は43回を数えます。内容は活動レポート16号の内面のとおりです。

閉会中は、質問・質疑で得られた答弁のもとで、政策を進めるために、担当課とやり取りを積み重ねます。現場経験や人とのつながりを活かして、行政と地域住民や組織、事業所などとの橋渡し、話し合いの場づくりをします。関係者間で、政策の進捗状況や課題、役割分担や進め方などを共有することで政策が動き出します。

とてもやりがいがあります。

この取り組みを、是非、2期目も続けたいです。

最終回までお付き合いくださりありがとうございました。

山出てつじ

  • URL Copied!
目次
閉じる